スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敬老の日

今日は敬老の日。

保育園でおじいちゃんとおばあちゃんにお手紙のプレゼントを計画してくれた。

夫の実家の鳥取と
私の実家の中野へ手紙を出すことにした。

その封筒を用意し、保育園へ預けた。

その数日後、布団の中で
「おかーさん。おじいちゃんおばあちゃんのお手紙さぁ、どこ?」

「ん?保育園にあるよね。」

「ちがう、どこのおじいちゃんとおばあちゃん?」

「あー。そういう意味ね。
 中野のジィジとばぁば。それと、鳥取のじぃじとばぁばだよ」

「鳥取って、この間行った?」

「しばらく行ってないね。いとこの○○ちゃんがいるところだよ。
 こないだ行ったのは曾おばあちゃんのいる茨城だよ」
と、言うと
うわーん。と泣き出した。

「え?どうしたの???」

「まちがえた~。」と号泣。

「トットリの手紙に死んだおじいちゃんのおまいりに行くからね。って書いたの~」

ありゃ。そりゃまずい。鳥取のおじいちゃんはピンピンしてるぞ。

「あした、保育園の先生に言って書き直せばいいじゃん」
と、言うと

「もう、間に合わないの~」と・・・号泣

「大丈夫。トットリに電話して、間違えて送っちゃったから、
新しいお手紙書くね。って言えばいいよ」

と、言っても
「ダメなのぉ~」と号泣しまくり。

「もう、そのお手紙ポストに入れたの?」

「まだ」

「だったら、新しく茨城の封筒を用意して先生に渡すから
 今から鳥取へのお手紙を書けば?
 そしたら、明日の朝、先生に取り替えてもらえるように
 お話してあげるから」

「・・・うん・・・」

と、夜の10時過ぎに、鳥取へのお手紙を
普通の便箋に書き始めた。

「こんど、とっとりにいくね。とうきょうにあそびにきてね。」
短い分ながら、出来上がったのは10時半。

遅くなってしまったが、ユイは安心した様子。

翌日、保育園で事情を話し、
封筒を追加、手紙を入れ替えさせてもらいました。


こんな事で号泣するガンコ者。
だけど、こんな事でないてしまうのも
あと、数年の事なんだろうなぁ

茨城の曾ばあちゃんからは、
今日、大喜びでお礼の電話がありました。
だから、結果的にはよかったんだけどね。

あ。鳥取にしばらく言っていない事が問題なのか?(^^ゞ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あー、リオンも頑固者でっせ。
このDNAは一体どこから?っていつも思うけど旦那に言わせると私らしい。
余計に手つけられないなー。。
ちなみにリオンは「またお泊りに行くね。そのときに海に行こうね。」と書いたらしい。
我が家の場合、パパ実家には年に二回行っているから、慣れたもんだけど、うちの父の顔は数回しか見ていない。そっちには足が遠のくじゅんコロです。
プロフィール

yukico

Author:yukico
働くおかーさん。 
娘。小5になりました。
息子。4歳。

平凡な毎日の中のコトを綴っていきます。

最近の記事
いくつになったの
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
おしらせ

トラックバックを、承認後に表示することにしました。

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
おすすめ商品!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。